next | 1 / 20 | prev >> | top
『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』ブログライター取材記事
2008年11月28日 19:00
『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』 ゲネプロ
ブロクライター取材に参加して来ました。
(※ブログライターについての詳細は
http://caramelbox-new.blog.so-net.ne.jp/2008-11-22-2 
を参照して下さいませ)




初日のチケットを既に持っていたので、
今回はブログライター取材に申し込む事をためらったのですが
まっすぐ過ぎる表現で恐縮なのですが、
やっぱり私はキャラメルボックスのお芝居が好きなのです。
できれば、好きな劇団の面白さや楽しさを
自分の言葉で伝えてみたい。
そんな思いで、今回参加させて頂く事にしました。


実は観に行くまで、あまり知識を入れないで観劇をしました。
こんな事を書くと真柴さんに飛び蹴りをくらいそうですが
今回、成井さんと真柴さんの共同脚本という事さえも知らずに
観に行ったのでした。
てか、それくらい頭に入れろ。私。わっはっは。
そんな訳で、もちろん原作の小説も読まないままでした。
ネタバレを気にした訳ではありません。
事前にストーリーを知っただけで楽しさが半減する演劇に
裂く時間なんてない!と、普段から個人的なポリシーをして持ってますから。
(えらそうだな、私。(汗)
でも、本当に面白かったらストーリーが分かっても観たいですもん。)
単に時間と心に余裕がなかっただけです。
(↑いばるなあっ!)



■前説
ゲネプロなのに、しっかりと前説がありました。
今回の前説は、芝居には出演していない2人の役者によって
芝居仕立てで行われます。
いつも、ギリギリに劇場に到着するという方も
今回は早めに着席する事をお勧めします。
間違っても、29日初日を観劇する時に
13:59に駅に着いた、私のような事をしてはいけません。(おいおい)
ああ…_| ̄|〇


■初舞台
今回は若手女優の黒川智花さんが、キャラメルボックスの舞台で初舞台を踏みます。
テレビドラマで主演・準主演で場数を踏んでいる彼女。
観る前に芝居についての不安は感じませんでした。
ただ、発声・滑舌については心の中で若干の不安を正直感じていました。
実際始まってみると、舞台姿は流石です!
ダンスシーンでセンター位置でパッとスポットライトを浴びた時の華やかさ。
現役アイドルの位置を確固たるものにしているだけあって
可愛らしくて、輝いていました。
自分の見せ方というのを、芸能界のキャリアの中で掴んでいるんでしょうね。
初舞台とは思えない安定感を感じました。
惜しむらくは舞台後方で観た時に、少しだけ声がこもる様に聴こえた事。
声質の問題でしょうか。
でも、台詞が分かりづらいという事はないし
加藤さん(キャラメルボックスの社長)曰く
“彼女は天才だ、舞台や観客の数によって声の出し方を変えている”
との事ですし
西川さんによると
彼女は芝居が好きで、
“筋トレじゃないけど、どんどん舞台力が強くなっている”
という事なので、今後さらに魅力的なヒロインに変貌する事でしょう。


■父娘の関係
観る前に軽くお芝居のイントロダクションを読んだ限りでは
5歳の頃に別れた娘が14年ぶりに、父親に会いに来る話と聞いていました。
一般の親子の関係とは明らかに違う親子関係です。
父親と娘なんて、普通の親子でも、お年頃になると微妙な距離が生まれますよね。
西川さんと黒川さんが、どんな風に親子を演じるのかに興味がありました。

それは、あくまで個人的な理由ですが
私の両親も離婚し、母親と暮らしていたのに
途中父親の元に行き、生活を始めた経験があったからです。

前述しましたが、この芝居の脚本は成井豊さんと真柴あずきさんの共同脚本です。
真柴さんによると、小説を読んだ時に
「こんないい子いない」
と思ったそうです。
確かに過去の成井作品を思い返すと、登場する女の子は
いつも素直でまっすぐな子が多かったように思います。
対して、真柴作品に登場する女の子は
リアルなんですよ。
裏切る事もあるし、素直になれなくてひねくれてみたり
女性の立場からすると共感する女の子がたくさんいるんです。
この芝居のヒロイン・いぶきも、父親と再会する時
ちょっぴり憎たらしい面を出していて、リアル感がありありです。
対して、西川さんが演じる典彦は成井さん自身をモデルにして書いただけあって、
気が弱くて優しい、リアルな脚本家としての言葉が
舞台の中にもたくさん出てきました。
成井さんの描くリアルと真柴さんの描くリアル。
きっと、男性側から見ても、女性側から見ても
共感する部分が沢山あるはずです。
私も過去の経験から、父親にうまく自分の気持ちを表現出来なくて
やきもきした思いに共感したり、父親の娘に対する深い愛情に
胸が熱くなって、芝居が終わっても暫く涙が止まりませんでした。

西川さんの演じる典彦と、黒川さんの演じるいぶきは
不器用に、お互いの気持ちをぶつけながら
物語は進んで行きます。
いぶきはどうして14年の歳月を経て
東京までお父さんに会いに行ったのか?
周囲の人間模様や心情まで含めて
ぜひ、その目で確かめてみてください。
クリスマスが近づく12月の日々に、胸があったまる結末があなたを待っています。


【追記】
私が参加した時の加藤さんの日記はこちら。
http://caramelbox-kato.blog.so-net.ne.jp/2008-11-29
| 東子のカタユデタマゴ日記 | comments(1) | trackbacks(0) |
『トリツカレ男』ブログライター企画・感想文
『トリツカレ男』ブログライター企画・感想文

初日が明けて2日目、11/30 19:00の回を
(※)ブログライター企画で観劇させて頂き
そして終演後、演出の隈部さんと
出演者である畑中さん・岡田達也さん・西川さんからお芝居について
取材をさせて頂きました。

(※ ブロブライター企画とは…
<以下キャラメルボックス新着情報ブログより引用>
クチコミでキャラメルボックスを広げよう」という企画です。
mixiとかGREEとか Yahoo! DaysとかのSNSで日記を書いている方や
プロのライターの方など、 自分の持っているメディアに公演を観た感想を
アップしてくださるという お約束のもと、公演に無料でご招待した上に、
終演後には演出家や出演者に インタビューまでできちゃうという
企画です。)

まずは、ネタバレなしの感想から。

『トリツカレ男』
タイトルからまず頭に浮かんだのは、
「ストーカー?!」
なんて、「おいおい」な連想だったんですけども(笑)
ポスターや宣伝の文章を読む内に、
連想と内容が違う事はすぐ分かりました。

簡単なストーリー紹介を、公式サイトより引用します。

<引用>
ジュゼッペは、レストランのウェイター。
仲間からは「トリツカレ男」と呼ばれている。
彼は何かが好きになると、寝食を忘れて没頭してしまう。
オペラ、探偵、昆虫採集、外国語……。
次から次へと熱中し、三段跳びではなんと世界新記録を達成!
そんな彼が、ある日、恋をした。
相手は、外国から来た無口な少女・ペチカ。
彼女は胸の中にたくさんの哀しみを抱えていた。
ジュゼッぺは、もてる技のすべてを駆使して、
ペチカを幸せにしようとする。
そして……。
<引用終わり>


私は芝居を観る前に原作をあんまり読まない主義なんです。
読んでしまうと、自分の中のイメージが固まっちゃう気がするので。
(といっても、今回は事前に所用でネビュラの事務所に出かけたので
トーク&フォトブックは買っちゃいましたが。)

なので、詳しいところまでは何にも分からないまま観に行ったんですが
予備知識がなくても分かりやすくて楽しくて、
嬉しくなったり、ホロっとしたり
観終わった後で幸せになれるお話でした。

途中出てくる歌や演奏のシーンも練習の成果が垣間見えて上手でした。
(誰が歌うのかはここでは内緒にしておきます。)
アクロバットな側転やジャグリングの場面も美しい衣装や照明と共に
バッチリと魅せてくれます。
ストーリーが楽しいのはもちろん、
他の要素でもふんだんに楽しませてくれました。

キャラメルって、本来はそういうお芝居を
たくさんやってるイメージなんですけど
近頃観終わった後、どこか引っかかる部分が出てきたりして
無条件に楽しめる作品になかなか出会えなかったのです。
今回は、文句なく私の中では花丸です。
星の数で表すなら★★★(三ツ星)で
100点満点で表すなら98点です!
残りの2点は千秋楽までの間に、
さらに進化する事を期待して敢えて引きました。
年末、心もスケジュールも慌しい毎日の中で
心の癒しや元気を補給するにはもってこいのお芝居でした!
まだまだチケットはあるようです。私も、観劇回数を増やす予定です。
キャラメルに興味はあるけれど、チケット取れないんでしょ?と
どえらい誤解をされている方、
どうも楽日以外はまだ大丈夫みたいですよ。
時間をやりくりして観に行けたなら、
きっと、心に小さなキャンドルの火が灯るみたいに
幸せな気持ちで帰路に着けることうけあいです。
ええ、たとえ帰りの電車が人身事故で止まってぐったりしようとも(泣)
(※ 自分の事ですがな_| ̄|〇)

これより下はさらに詳しい感想です。
(しかも無駄に長いし・笑)
ネタバレを気にする方はお読みにならないように注意して下さい。
続きを読む >>
| 東子のカタユデタマゴ日記 | comments(2) | trackbacks(0) |
生きてました(笑)
お久しぶりです。
お久しぶりすぎて誰も見てなさそうですが
なんとなく書いてみました。
みなさまお元気でしょうか?


ここで文章を書かなくなってから
別に大きな出来事があった訳でもなく
せいぜい、新しく家を購入したくらいなんですが
(ちょっと自慢)
すっかり足が遠のいておりました。


書かなくなってから、携帯も新しいのに変えたし
相変わらず買い物好きだし…

時間をみつけて、また細々と更新していこうかと思ってます。
よかったらたまーに覗いて見て下さいね。



追伸:サイトのトップ画像を変更しました。
今度は季節感のない(笑)タバコの画像でございます。
まだ、新しくパソコンを買って以来FTPの設定をしてないので(汗)
ここに更新情報書いちゃいました〜。
ぼちぼちやらなくっちゃだなあ。
| 東子のカタユデタマゴ日記 | comments(2) | trackbacks(0) |
ボイトレをしようかなと
ボイストレーニングをまた始めてみようかと思いまして。
近場の体験レッスンをしている教室に電話を架けて
26日の夕方に体験レッスンを受ける事になりました。


前から「やりたいなあ」という希望があったんですが
なかなか重い腰が上がらなくて。
「継続は力なり」と、先人はよく言ったものですが
私、継続ってやつがあまり得意じゃなくて
躊躇してたんですわ。
仕事とかはなんだかんだ言ってなんとかがんばるんですが。


でも、やるからにはちゃんと気合を入れてがんばろうと思います!
気合を入れるために日記に書いたという説もあるんですが(苦笑)


そんでもって、体験レッスンで歌う曲を
手始めに考えようと思いましてですね。
決める為にもまず、自分的に上達したいポイントを
思いつくままにメモしてみました。

☆高声域を綺麗な響きにしたい。
 自分の声は高くなればなるほど、キンキンしたソプラノになると思う。
 オペラ歌手のように…なんて贅沢は言わないけど
 もう少し、柔らかな響きで歌えるようになりたい。
☆中声域の声量をアップさせたい。
 どうもうまく体で共鳴させて発声する事ができない。
 地声ならある程度出るけど、裏声でも出せるようになればと。
 子供の頃から、色々工夫してるんだけど出るようにならず。ううむ。
☆篭りのない裏声で歌いたい。
 だからといって口を開けすぎてしまうと、平べったい響きになってしまう。
☆裏声と地声の境目をなくしたい。
 特にミュージカルソングには
 裏声と地声を出さなくてはいけない歌があるけど
 境目が綺麗にできなくて、エリザベートの『私だけに』とか
 『オペラ座の怪人』とかを歌う時いつも自分の中に迷いがある。
 あと、地声の高い声で歌う『いのちをあげるよ』とかだと
 高い部分の声が伸びなくていつも苦労する。
☆自分なりに腹筋や声の出し方については
 気をつけているつもりだけど
 もっとちゃんとした発声を身につけたい。
 調子のいい時と悪い時で、喉の負担のかけ方まで
 変わっているような気がする。


さまざまな問題点を書き出しつつ、考えていると
音域の広い『私だけに』がいいかなあなんて思ってるんですけどね。
どうしようかなあ…???
| 東子のカタユデタマゴ日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
『雨と夢のあとに』ブログライター募集に乗ってみた。その1 (ネタバレ含)
7月22日。
キャラメルボックスの製作総指揮の加藤さんの日記の募集に
演劇集団キャラメルボックス『雨と夢のあとに』のブログライターの募集がありました。
このブログライター、なんともまあ好条件でして。
★ 無料で芝居を観る事が出来る。
★ 観劇後、成井さんにインタビューができる。
なんか嘘みたいな感じですが
代わりにこのお芝居の感想等をブログやmixiの日記に
記事としてアップするのが条件なんです。
要は多分、みんなの口コミで動員数を増やそうという狙いではないかと。

………。

私の記事で宣伝になるとはとてもじゃないけど思えないんですけど
とりあえず申し込んで行って来ました!函館へ!
うそです。池袋のサンシャイン劇場へ!
(さぶいボケだな、おい)


観て来たのは初日開けて2日目の19:00の回です。
初日が開けたばかりで、まだまだこれから芝居がこなれて
どんどん面白くなるんだろうなという頃あいでしょうか。
いつもなら、主婦になって経済的な事もあるので回数観られないせいか
この時期の芝居を観ることはなかったりするので、却って楽しみだったりもして。

これから観に行く人にとって気になるのは、自分が思いつく範囲だと
★ ドラマと比べてどうなっているのか?
★ キャラメル至上最年少主役の福田麻由子ちゃんはどうなのか?
だと思うんですけれども。

前者に関しては、ドラマを見ていた人には全く違和感なく観られると思います。
とか言っといて、実はドラマは3回くらいしか見てないんだけどね。てへ。←小声で。
ドラマは1話完結で、色々とあったエピソードは殆ど削ぎ落とされてますが
(舞台は約2時間しかないから)
その分、父子の二人の関係に焦点がぎゅううっっと濃縮してて
その分ドーンと胸に来ました。
抽象的で分かりづらいと思いますが。ええ、わざとです。
思わせぶりに書いといて、みんなを観に行かせようと思って。
決して文章能力がない訳ではありません!!!←うそをつけ。

後者に関しては。
観る前はね、明らかに不安があったのは確かなんですよ。
サンシャイン劇場は結構大きい劇場だし
小学生の声が果たして届くのかどうかとか。
事前に聞こえていた噂で
福田麻由子ちゃんはとても賢い子だというのは分かっていたんですけど
正しい発声って頭で考えるより体で覚えることだから
公演が始まる前までに、ちゃんとマスターして
出すことが出来るようになるのかな?
っていうのが、個人的には一番の不安材料でした。
ところが、実際蓋を開けてみたら、ちゃんと出ていた…というよりは
びっくりするくらいばっちりでしたね。
演技については、子役経験が長い子だと聞いていたので
あまり心配してなかったんですけどさすがでした。
初舞台の緊張もなんのその、台詞回しは多少一本調子に聞こえるところもあったけれど、
そんなことを凌いでしまうくらい、ちゃんと舞台上で雨ちゃんにとして立っていました。
あとひとつ残る不安は長丁場ということですね。
頑張って夏を乗り切ってもらいたいものです。

あと思いついたことを箇条書きで書いてみる。
☆ 岡田達也氏はどんな父ちゃんになってるんだろうと
 思ってましたが、思っていた通り魅力的で
 雨ちゃんが守ってあげたくなるような朝晴でした。
 雨とはすでにいい父子関係に見えたけど
 あとちょっとを期待したいかも。
 楽までにさらにいい親子になってもらいたいです。

☆ 朝晴の父さんと母さんはとても面白かった。
 だっちさんと青ちひさんはさすがいい味出してます。
 が。本当は、もうちょっとだけ
 しんみり見せてほしいなあと思ったのも本音。
 ドラマではこの回で一番泣いたので
 さらにいい父さん母さんになるのを期待してます。

☆ 岡田さつきさんのマリアは、こういう役を演らせたら流石といった感じで既に貫禄さえありました。
 わがままなんだけど、根は純粋なお母さんなんだって
 演技で納得させてくれました。

☆ 今回、客演の久松さんと楠見さん。
 久松さんを生の舞台で観たのは初だったんですが
 上手く言えないけど醸し出す雰囲気が好き。
 あったかい感じがするんですよ。
 楠見さんを舞台で観るのは2回目。『DEEP FOREST』の時も
 面白くて巧い女優さんだと思ったんですが、今回の役も嵌ってたなあ。
 観劇後ハンドブックで久松さんと岡田達也さんの対談を読んだんですが
 いろんなアイディアや意見をどんどん出していく方で
 改めて素敵な方だと思いました。
 詳しくはハンドブックを買って読んでください。←宣伝かよ。

☆ 北斗役の畑中さんが、ちゃんと18歳に見えた。
 こういう落ち着きのない役を演じると畑中さんは上手いと思う。
 (褒めてるつもり)

☆ 広瀬役の小多田さんは、短い出番ながら嫉妬に狂って
 おかしくなった幽霊役を
 短い出番ながら、印象に残る演技を見せてくれていたので
 今後に期待。

☆ 暁子役の岡内さんは、落着きのある大人の可愛い女性を演じるのが
 大分上手になってきたと思うんだけど、
 (正直昔は叫んでいる印象の方が強かった)
 後半の怖くなるシーンでは、機械だけに頼らず
 もう少し怖くしてほしいような。
 あそこは怖くなればなるほど、哀しさが伝わるシーンだと思う。

☆ 三浦さんは今回二役演じていたけれど
 正直に言うとあまり違いが分からなかった。
 芝居で違いを見せてくれると嬉しいと思った。


なかなかうまく感想を書けなくてごめんなさい。
普段から感想や感情を言葉にするのはとても苦手なんです。
(↑なんで、ブログライターに申し込んだんじゃい!)


けれど観劇してしばらく経った今、これだけははっきり言えるのは
劇場内にいた観客のすすり泣く音があちこちから聞こえたという事。
それだけ、みんな引きこまれて観ていたという事。
なんで、もしこれから観に行こうか迷っているという人は
とりあえず劇場に行けばいいと思う。
心にダイレクトに響いて泣けるけど、思いっきり笑えます。
前回の『俺たちは志士じゃない』はマキノ演出で変化球を楽しめましたが
今回の『雨と夢のあとに』は、まちがいなくど真ん中の直球勝負。
観た後で、すっきり爽快感を味わえることうけあいです。

但し、観劇前にハンカチ・ティッシュ・タオルは忘れずにね(笑)。


…長くなりましたが
この後、成井さんへの共同インタビューに参加したので
その辺をまた後で。つづく。



♡o。.。o♡o。.。o♡o。.。o♡o。.。o♡o。.。o♡

追記
お久しぶりです(汗)。
実は最近、mixiで書く事がすっかり多くなった東子です。
今回ブログライターの企画に参加して、記事を書いてみました。
mixiにも同じ文章を乗せてます。
mixiのIDをお持ちの方で前からのお知り合いの方は是非、マイミクになってやって下さいまし。
ブログの方は最近書いてなかったけど、また書きたいと思います。
それではまた。
| 東子のカタユデタマゴ日記 | comments(2) | trackbacks(1) |

 NEW ENTRIES
 CATEGORIES
 RECENT COMMENTS
 RECENT TRACKBACK
 ARCHIVES
 LINKS
 BLOG LINKS
 PROFILE
 OTHERS
 RECOMMEND
 RECOMMEND
CARAMELBOX SOUNDBOOK OPENINGS~演劇集団キャラメルボックス・オープニング曲集~
CARAMELBOX SOUNDBOOK OPENINGS~演劇集団キャラメルボックス・オープニング曲集~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,SCUDELIA ELECTRO,中山八大,Vie Vie,Susanna Parigi,樋口了一,SPIRAL LIFE,ZABADAK,advantage Lucy,Nik Kershaw,NORTHERN BRIGHT
 RECOMMEND
 RECOMMEND
 RECOMMEND
 SEARCH
    このサイト内で検索
     

    Google
    ウェブ検索