next | 1 / 1 | prev | top
拝啓 サニー徳永様
こんにちは。
貴方が旅立って、今日で丁度一年になりますね。
そちらの世界は平和ですか?幸せにしていますか?
抜けるように美しい青空を見ていると、
あまり心配しなくても元気でやっているんじゃないかなあって思うのですが。

一年前の今日、私はチェッカーズのファンではありませんでした。
ましてやアブラーズっていうグループの名前も
昔耳にした事はあったけれど、どんな活動をしていたのかは知りませんでした。

貴方の訃報は、WEBのニュースで知りました。
「治るって言ってたじゃん」
モニターの前で、呆然としてつぶやきました。
私くらいの世代だと、いくらファンではなかったといっても
チェッカーズを知らないという人はいません。(少なくとも私の周囲には)
舌癌になったというニュースも、以前にやはりWEBのニュースで知っていたので
以来、ずっと気にかけてはいたのです。

その後、私は検索サイトであなたのことを、そしてチェッカーズの事を
調べてみる事にしました。
すると、とあるサイトで
「チェッカーズのライブは面白い!」
という記述を見つけました。
今迄、歌番組でしか見たことがなかったので
チェッカーズがどんなライブをやっていたのかまで知りません。
丁度仕事を辞めたばかりで抜け殻のようになっていた私は
なんとなく興味が出てきて、
チェッカーズの「FINAL」のライブDVDを買ってみることにしたのでした。

あの頃の私は、仕事以上に夢中になれるものを探していたんだと思います。
それまで好きだったものに、情熱を注げなくなるくらい
心が疲れていましたから。

そうしたら、オープニングの楽器メンバー4人の演奏で既に惚れてしまいました。
みんなかっこ良すぎです(笑)。曲も演奏も、もう全てが。
そして、貴方の笑顔のとりこになりました。
あんなに楽しそうに、幸せそうに、ドラムを叩く人を私は知りません。
引き込まれるように、チェッカーズに、アブラーズに夢中になっていきました。
映像を見ているときは、貴方が亡くなった事実をうっかり忘れそうになるくらい
貴方のおちゃめな笑顔に、天然な発言に、ドラムのプレイに
楽しませて頂きました。
さみしくて、空虚だった心が、楽しさで満たされているのを感じました。

貴方の訃報の約一ヶ月後。
『徳永善也を送る会』へ、studioCOASTに行きました。
あの日も、今日みたいな青空でしたね。
お天気にサニーを感じられて嬉しかったな。

あまりにも新参者ファン過ぎて、行ってもいいものかどうか迷ったけれど
行かなければ後悔すると思ったから、決心して行きました。
今になって改めて思い返すと、行ってよかったなと思います。

COASTのステージ上には、貴方が生前愛用していた
ドラムセットがありましたよね。
バックミュージックにかかっていた曲は、洋楽だったかな?

でもね。
私の耳には、嬉しそうに貴方がドラムを叩く音が聞こえましたよ。
人は幻だろうって笑うだろうけど、確かに、聞こえたんだ。

いつの日か、私がもしも天国に行けたとしたら
もう一度、貴方のドラムをライブで聞けるといいな。


サニー。
貴方に出会えてよかったよ。
貴方の笑顔も、貴方のドラムの音も、これからもずっと大好きです。
どうもありがとう。
| 『LOVE LOVE LOVE 』 Essay(アブラーズ語り。) | comments(0) | trackbacks(0) |

 NEW ENTRIES
 CATEGORIES
 RECENT COMMENTS
 RECENT TRACKBACK
 ARCHIVES
 LINKS
 BLOG LINKS
 PROFILE
 OTHERS
 RECOMMEND
 RECOMMEND
CARAMELBOX SOUNDBOOK OPENINGS~演劇集団キャラメルボックス・オープニング曲集~
CARAMELBOX SOUNDBOOK OPENINGS~演劇集団キャラメルボックス・オープニング曲集~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,SCUDELIA ELECTRO,中山八大,Vie Vie,Susanna Parigi,樋口了一,SPIRAL LIFE,ZABADAK,advantage Lucy,Nik Kershaw,NORTHERN BRIGHT
 RECOMMEND
 RECOMMEND
 RECOMMEND
 SEARCH
    このサイト内で検索
     

    Google
    ウェブ検索